忘年会

早いもので、あっという間に年末になってしまいました。

ということで、忘年会を行いました。

 

恒例のビンゴ大会も行い、豪華商品も持って帰ってもらい、大いに盛り上がりました。

 

 

QUICK TURN 250 納入

ヤマザキマザック製QUICK TURN 250が納入されました。

最大径370Φまでの製品が加工可能となっております。

 

今回導入した機械で20Φ〜600ΦまでNC旋盤での製造が可能となりました。

よりよい製品作りを目指していきたいと思います。

 

続きを読む

Nikon Z50

 先日、Nikon Z50が発売されたので、予約して発売当日に入手しました。

APSCミラーレスカメラとしてはスペック的に至って普通なので、正直どうなのかと思いましたが、

良い意味で期待を大きく裏切られました。

 

キットレンズなんであんまり期待せずにいたのですが、Zマウントの恩恵か非常に描写力が高いんです。

しかも標準レンズなんかパンケーキ並みの薄さで、素晴らしい描写をするので驚きました。

ちょっと暗いレンズですが、Z50の高感度特性の高さもあり、iso感度を高くすることであまり気になりません。

 

また非常にコンパクトながら操作性の良さも驚きました。

グリップの深さも十分で、握りやすく作られていて、操作系が右手側に集約され、

ほぼ右手一本で被写体を見ながら、操作が完結してしまうのでこのあたりは、使ってみてわかる良さの部分ですね。

この描写力で、このコンパクトなボディ、操作性は本当にびっくりしてしまいます。

 

ただしボディ内手ブレ補正はついていないので、現状はキットレンズのレンズ側での手ブレ補正で対応してますが、

今後レンズの拡充が期待できるかはNikonの対応しだいです。

標準レンズでこの描写力なら、ZマウントのDXレンズも拡充してほしいですね。

 

今回の写真はjpeg撮って出しで、Creative Picture Controlを使って撮ってみました。

2週間ほど触ってみて1点残念なのは、バッテリーの持ちがあまり良くない所ぐらいですかね。

それ以外は大満足で、コンパクトなボディとレンズで持ち運びが容易なことから活躍が増えそうです。

続きを読む

DISCOVER 2019 視察

ヤマザキマザックの展示会DISCOVER 2019に行ってきました。

 

最新の工作機械が展示されており、またIOTを駆使した工場運営などが見学出来ましたが、

我々のような小さな会社にはあまり関係ない技術かもしれませんね。

最新の機械で高額だが1台で効率よくこなすか、

目立った機能はないが安価な機械を数台揃えて、効率をあげていくか悩ましい所ですね。

 

新しく開業した工作機械博物館にもたちより、工作機械の歴史を知ることが出来ました。

しかし、規模の大きさにいつも驚かされます。

続きを読む

リスクアセスメント研修

本日、講師の先生をお招きして、化学物質のリスクアセスメント研修を社内で行いました。

使用している化学物質に関してのリスクの洗い出し、

普段何気なく扱っている製品のリスク等を把握することが大切ですね

続きを読む